復刻 鱗文天彩高杯

urokomon

\180,000

オリジナル製作年代:15世紀末

収蔵場所:ムラノガラス美術館(イタリア)

高さ:11cm

幅:15cm


この小さな透明の杯は外側に純金箔を贅沢に施し、四つ葉のクローバーのモチーフを針を用いてグラヴィール(彫刻)装飾したものです。
余分な部分を針で削り取り、さらにその上からエナメル彩 で点彩を施しアクセントを付け、縁取りしています。

<< 一覧へ戻る